polcaのご支援に感謝!リターンブログ第4弾|立体切り絵師 山下美樹さん

こんにちは!

大阪府貝塚市を拠点に、アクセサリー作家×朗読家として活動しております、渡邊あゆみです。

Polcaのご支援に感謝の気持ちを伝えたい

私は、昨年の10月に四日市市で開催された、しなやかフェス2018秋にPolcaで交通費をご支援いただいて参加しました。

その際のリターンとして、ブログで感謝の気持ちをお伝えさせていただいております。

「リアルな友人に、その方を紹介する気持ち」で書いているリターンブログ。

第四弾となる今回は、立体切り絵師のちびぃさんこと、山下美樹さん と、ちびぃさんが今一番力を入れているイベント、「えんとつ町のプペルVRシアターin黒門カルチャーファクトリー」 をご紹介させて頂きます。

立体切り絵師☆ちびぃ☆山下美樹さん

ちびぃさんとは、彼女が現在窓口を担当されている、大阪の日本橋にある黒門カルチャーファクトリー というイベントスペースに、水野嘉彦さんを訪ねさせて頂いた際に知り合いました。

切り絵作家として、私が主催するイベントに出店して頂いた事もあります。

3/23(土)・3/24(日)黒門カルチャーファクトリーにて「えんとつ町のプペルVRシアター」開催

『えんとつ町のプペル』とは、キングコングの西野亮廣さんが2016年に製作費を当時まだ珍しかったクラウドファンディングで調達して制作した絵本で、2018年時点では累計37万部発行されている絵本です。そのVRシアターが前述の黒門カルチャーファクトリーさんで開催 されます。

イベントの流れ

地下にある、黒門カルチャーファクトリー会場内に広がる、えんとつ町のプペルの世界観を体感

プペルの絵本をちゃんと読んだ事が無い方でも、その際にあらすじを読めるように工夫してくださっているそうです。


作中に登場しそうなバーでアート鑑賞

このイベントには様々なジャンルのアーティストさんが参加されていて、なんと気に入った作品があればその場で購入する事もできるそうです。

子どもも楽しめるワークショップ

えんとつ町のプペル絵本読み聞かせタイム

11:30・15:00・18:00 の3回、読み聞かせタイムがあるそうです。

VRシアター鑑賞

※画像はお借りしました

私はVR未体験なので、想像の範疇を出ない説明で申し訳ないのですが、ニュースや動画などで見る、VRを体験している人たちの様子は、プペルに限らずまさに世界に入り込んでますよね。

「360度広がるプペルとルビッチの世界」

緻密な世界が広がるのかなぁ。建物の裏側とか覗き込めるのかなぁ。

購入は前売り券がお得

こちらのチケット一枚で、小学生以下の子ども2名まで同伴 できるそうです!(3人目からはプラス500円)※VR鑑賞の参加は7歳以上のお子さまから可能です。その他の読み聞かせやワークショップは何歳からでも参加できます。

しかも、全員ワンドリンク付き!

ご購入は是非、黒門市場オンラインから!

Polcaのご支援ありがとうございました

ちびぃさんPolcaのご支援ありがとうございました!これを持ちまして、Polcaのリターンとさせていただきます。

遅くなってごめんなさい!

このブログを書くにあたって、改めてちびぃさんの発信を3か月分くらい見直しました。お仕事をしながら状況の変化にも対応しつつ精力的に活動発信されているちびぃさんのツイートを今後も楽しみにしております!