不惑でも惑うでしょ!そんな私の活動をpolcaで支援してほしい

こんにちは、あゆっちです!

本日で40歳を迎えました!

国語の授業の論語では「四十にして惑わず」と習いましたね。

「 人は四十歳に達すれば、自らの生き方について、あれこれ迷わない」という意味らしいのですが、嘘言うなよ!ってレベルで未だに迷います。

そんな私ですが、20年間続けている事があります。

初めてのハンドメイドは4歳


一番古いハンドメイドの記憶は、4歳、幼稚園の年中さんの時の記憶です。ビーズを細い針金に通して指輪を作り、友だちにプレゼントしました。

初めてハンドメイド品を販売したのは20歳の時。佐賀から上京して、地元には無い素敵なビーズとの沢山の出会いがあり、夜な夜な作成しては実家のセレクトショップに送ってそこで販売して貰っていました。それ以降、ライフスタイルの変化に伴い時折途絶えながらも、細々と活動を続け、今年で20年になります。

20年目の節目に、polcaを立てました。

一言でいうと、ハズキルーペを買いたいんです。

長文になってしまって、polcaの説明文に入りきらなかった為、ブログを書くことにしました。

以下、その文章です。もしよかったらご支援いただけると嬉しいです。polcaのURLも一番下に貼ります。

【ハズキルーペを購入する資金をpolcaで支援して欲しい】

こんにちは、大阪を拠点にオリジナルアクセサリー制作と切り絵作家として活動をしている、わたなべあゆみと申します。

幼少期よりハンドメイドが好きで、細々と委託やネットでの販売を続けて今年で20年になります。

全く別の仕事に就き、第2子出産で退職後も、最近まで専業主婦として子育てに追われていました。ですが1年前、マーケットでの対面販売の楽しさを経験した事で、自分の中に変化がありました。それは退職後損なった自尊心を回復し、自己肯定感を高めてくれる経験でした。それによって、〇〇ちゃんママとして、妻としてだけでは無く、「個」としてこのように自分らしさを表現して生きて行きたいと強く思うようになったのです。

ハンドメイドは人生を豊かにしてくれます。物を創り出す達成感、そこから生じる交流、表現するという観点から物事を捉えること、そのどれもが喜びを生み、人を成長させてくれると信じています。

作家として爆破的に売れたい、認知されたいというよりは、このまま一生作り続けて行きたいと願っています。

切り絵はハンドメイドを続けて行く為の手段として、40歳から始めました。私はこの新しいチャレンジからも、貪欲に技術と表現を学び、他のクリエイターさんとのコラボレーション等を通じてこれからもハンドメイドで作品を生み出し、その生き様を家族にも理解し応援されたいと願っています。

夢は5年以内にデザフェスに出店する事です。また将来的には、ハンドメイドで自分が雇用を生み出す事も視野に入れて活動をしております。

ところが、長年目を酷使しているせいか、最近、細かい作業が覚束なくなってまいりました。そこで精密な作業がこれからも正確に出来るよう、ハズキルーペを購入したいと考えております。

ですが、作家としての収益はまだまだ出せておりません。以上の事から、その購入資金を支援して、頂きたく、勇気を出してこのpolcaを立てさせて頂いた次第です。

なぜ切り絵を始めたのかを書いたブログ

リターンとして、ハズキルーペを掛けた自撮り画像をSNSにアップします。

今日、polcaを立てようかと思う・・・と相談をしていたら、リターンを「キャッ」ってやつにして欲しいと言われました(笑)私、殆どTVを観ないので知らなかったのですが、YouTubeで観てみたら超恥ずかしいので、自撮りで勘弁してください!

支援していただけると大変嬉しく思います

polcaのURLはこちら

https://polca.jp/projects/BsQ0Pqyzd5R