うみハマという深海生物がメインのグループ展に出店しました

こんにちは!アトリエ翼果、クリエイターのよっかです。

11/6(火)~11/10(日)、阿倍野区美章園で開催された、うみハマ~深い海にハマる展~に出店させて頂きました。

ご来場頂いた方々、イベントを気に掛けてくださった方々に熱く御礼申し上げます。

7月に、アトリエ翼果と屋号を掲げ、心機一転ハンドメイド活動を始めてから、最初のイベントとなりました。 ここを今後の活動の原点とし、心に刻む意味でも、ブログ記事として記録していきたいと思います。

うみハマHP↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/umihama

うみハマの主催者は、以前このブログでも紹介させて頂いた、お魚デザイン*おととごと。の小川ゆか子さんです。

うみハマの凄いところ

深海生物を愛でるコミュニティが発端

うみハマは、小川さんが4月にSNS上で立ち上げた、「深海生物を愛でるコミュニティ」がきっかけで生まれたイベントでした。イベントありきでは無く、深海生物への愛やリスペクトから集まった仲間たち。

日取りやイベント名の決定、準備、そのすべてを、Facebookの非公開グループ機能を活用した参加型のコミュニケーションで行われました。

設営までFESにしてしまう、徹底ぶり

polcaとWEBショップでの先行販売で開催資金の一部を集めました

フレンドファンディングアプリ、polca

polcaやクラファンは、資金を援助して頂く事に加えて、イベント自体を知っていただくきっかけにもなります。

事前にWEB SHOPにて、お買い物をお楽しみいただきました

こちらのWEB SHOPは、出品した作家とお買い物をしたお客様の双方が、うみハマにその金額の一部を寄付するという新しい試みのWEB SHOPでした。

私は、「深海ピアス」と名付けた、海をモチーフにした作品を出品させて頂きました。

有り難い事に、出品させて頂いた、4つが完売し、私も開催費に貢献させて頂く事が出来ました。

次回は、うみハマ開催に向けて自分がしたこと

主に制作の面で取り組んだことを記録に残していきたいと思います。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。