意外と可愛い牛乳パック椅子

こんばんは(*´v`*)
貝塚市アクセサリー作家、渡邊あゆみです。

アクセサリーでは無いのですが、先日こんな物を作りました。

牛乳パック24本で作った子ども用の椅子です(^^)

牛乳パックの椅子って、軽くて丈夫で長持ちすると聞いて一度作ってみたかったんです(人*´∀`)
作るのに時間と手間が掛かるし、作って子どもが喜ぶ今しかやらないかなーと思いまして。

作り方を参考にさせて頂いたのは、こちらのサイト→リサイクル工作!牛乳パック椅子の作り方

こちらを参考にしつつ、少しアレンジを加えて座面にキルト芯を入れて座り心地良く仕上げました(^^)

2歳の次女が座るとリビングのテーブルに高さがピッタリで、今まで使っていた椅子に比べると軽く、よく間違えて椅子の脚で自分の足を踏んで泣いていたのでそれも無くて良かったです(^^)

軽いので次女が自分で色々な場所に持ち運んで便利に使っています。

布地はオークタウンから貝塚イオンの2階に移転した丸十さんで、くまのがっこうのキルト生地を購入。
長女のリクエストです。


【キルト】★50cm単位続けてカット★くまのがっこう ジャッキーのたからもの 【2014cha】

思ったより使い勝手が良いみたいで、姉妹で取り合っているのでもうひとつ作りたいのですが、牛乳パックを集めるの3〜4ヶ月、椅子の形に組むのに1時間、布地を縫い付けるのに2時間ちょっと掛かって疲れたので(^^;)
次はまたぼちぼち牛乳パックを集めつつ、気が向いたら作ろうかと思います(^^)