マルシェ at 橋爪事務所 開催レポート

マルシェ at 橋爪事務所 開催レポート

9/13(木)にまちのえんがわ橋爪事務所さんで開催されました、『マルシェ at 橋爪事務所』のレポートです。

マルシェを開催したいと思ったきっかけはこちら。

橋爪事務所で初のマルシェが開催されたこの日は、大安・天赦日・神吉日・一粒万倍日と言う、何かを始めるには最高の日だと教えて頂きました。

そんな日に集まった仲間と開催するマルシェは、素晴らしい物になるに違いない。

実際にマルシェをオープンしてみると、オーラ鑑定の美鈴先生のご予約のお客様を皮切りに、お客さまがご来店下さり、あっという間に場が賑やかになりました。

上條美鈴さんのオーラ鑑定の様子

オーラ鑑定とそれに合った生き方のアドバイスの筈が、がっつりカウンセリングに。

美鈴先生は私のフルートの先生で、上條美鈴音楽教室というフルートとオカリナの音楽教室を運営されています。

その中で、カウンセリングを取り入れたレッスンを実施されており、カウンセリングはベテランですが、この度、オーラ鑑定士としてのデビューとなりました。

よしひらゆかりさん オラクルカードリーディングの様子

ゆかりさんはこの日、鑑定デビューで予約は入っていなかったのに、結果お二人の方をご鑑定。

終始、和やかな雰囲気が流れていました。

ゆかりさん、デビューおめでとうございます!

水野嘉彦さん&坂本友子さん 絵本予約販売のブース

作家先生たちはこの日お打ち合わせも兼ねていました。

会場に来て下さっていた、2歳の男の子のママにもご意見を聞いて、絵本の構想が進んでいる様子でした。

写真は友子さんが描いた絵本のラフ画ですが、お話し担当の水野さんもこの日初めて見たそうです。

とっても可愛くて、完成が今から楽しみでしょうがないです!

そして、朗読担当の私も、初見で最初の一ページを朗読させて頂きました。

そうなんです、私、友子さんとよしくんの絵本の朗読担当なんです。

山下美樹さん切り絵予約販売のブース

お分かりですか?

こちら、友子さんの絵本のラフ画を切り絵にしたものなんです。

世界観をそのままに、ポップでカラフルな切り絵にされていて、誰もが目を奪われました。

zozoスーツを着用した男性は素材の面白さで、立体切り絵はその緻密さで、注目を集めていました。

美樹さんは現在、写真から切り絵にされる事と、10/8に三重県の四日市市で開催されるしなやかフェスでのライブパフォーマンスに向けて取り組まれています。

しなやかフェスでは、普通は切り絵で切らない物を切るそうです!

しなやかフェスに行く方は、美樹さんのパフォーマンスも必見ですよ。

イラストレイター美輝さんのブース

イラストレイター美輝さんには、私が急遽お声掛けをして、出店が実現しました。

それなのに、素敵なメニューを考案下さり、流石美輝さんです。

  • 写真をそのままキャラクター化 B5 ¥2,500 A4 ¥3,000
  • 思い出の一コマシーン B5 ¥2,500 A4 ¥3,000
  • 四コマor一ページ漫画 B5 ¥3,500 A4 ¥4,000

というメニューでご出店くださいました。

メニューの紹介はまた、美輝さんのブログでもして下さると思うので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね!

ギャンワタナベレーのブース

残り2個になった、テント地のベレー販売と、新作のデニム地のベレーの予約が行われました。

テント地のベレーはスコップさんがいつも被っているので、ご覧になった事がある方も多いと思います。

使い易くて味わいがあって、私も週に4回は着用するヘビロテアイテムですが、新作は更に被りやすい工夫が施されているそうです。

第1弾のテント地は、めでたくこの日で完売し、10/1からは新作のデニムベレーの予約が本格的に開始するそうです。

私は、ベレーを女性らしくエレガントにしてくれるコサージュを制作させて頂きました。

つまみ細工の伝統的な技法をアレンジし、イギリスのリバティ社のエレガントな生地と合わせて、ポップながらも和の雰囲気も味わえるアイテムに仕上げました。

こちらも10/1から本格的に予約を開始致します。

仲谷裕美さんのオルゴナイト

オルゴナイトの実物を見たのは初めてでした。オルゴナイトの持つパワー、凄かったです。私も直ぐに感じる事が出来ました。

ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変えてくれると言う、オルゴナイト。

ピラミッド型のオルゴナイトを手のひらに乗せただけでビリビリと伝わって来るものがありました。そして、愛のオルゴナイトは切ない気持ちに。

マルシェ当日はこの沢山のオルゴナイトが橋爪事務所の空間を更に浄化してくれていたと思います。

お隣に並ぶのは、裕美さんの娘さんのハンドメイドアクセサリーです。母娘でアーティスト活動、憧れます。

Ayumi Takahashiさんの植物染めのバッグ

このマルシェの取り組みから生まれたアーティスト、Ayumi Takahashiさんの植物染めのバッグです。

    五倍子(フシ)のバッグ2色
    蘇芳(スオウ)のバッグ2色
    楊梅(ヤマモモ)のバッグ2色

の計6点がブースに並びました。

同じ植物でも色が違うのは、アルミ媒染と鉄媒染の違いだそうです。

Ayumiさんのご説明を受けて、植物染めの何より凄い所は、身に付ける事でその植物そのものが持つパワーを得られる所だと思います。

藍染の虫除け効果等は有名ですよね。

私は今、整腸の効果のある楊梅のバッグをお守り代わりに使わせて頂いています。

Ayumiさんは今後は小物など他のアイテムにも挑戦されるそうです。

ワークショップ開催の夢も是非叶えて欲しいし、植物染めアーティストAyumi Takahashiの生みの親として、今後の展開にとても期待を寄せています。

最後に

フルーティスト上條美鈴さんによる演奏

プロフルート奏者である、上條美鈴さんによる、『ユー・レイズ・ミー・アップ』の演奏で、橋爪事務所でのマルシェは幕を閉じました。

演奏も、演奏後の曲の解説も素晴らしいお時間でした。

ご来場者さまも最後までご同席下さり、とても嬉しかったです。

初出店の方を応援したくてマルシェを発案しましたが、気付けば初主催の自分が一番応援されているマルシェになりました。

チャレンジがいっぱい詰まったマルシェを、気付けばチャレンジマルシェと呼び始めていました。

マルシェに出店下さり、当日までの遣り取りやマルシェ当日を支えて下さった出店者さま、マルシェを開きたいという私の想いに2秒で応えてくれ、足りない所に口を出すのでは無く、終始サポートに徹してくれた橋爪大輔さま、そして何より、短い開催時間にも関わらず、マルシェに足を運び、共に貴重なお時間を共有し、楽しんで下さったご来店者さまに心より感謝を致します。

ありがとうございました❣️